もし明日、狼になってしまったら?~人狼ジャッジメント9人スタンダード村。人狼で生き残るための噛み筋~

どうもこんにちは。京音のコンガリオンです。最近はよく人狼ジャッジメント*1に潜るようになりました。音ゲー*2なんて知りません。

 

さて突然ですが、人狼ゲームって、難しいですよね。

 

特に人狼側の振る舞いが初心者には厳しいです。市民目線では誰が人狼かを推理するゲーム。しかし狼目線では、自ら盤面を作りながら自分の推理を展開しなければなりません。

 

陣形・噛み位置・SG位置*3を適切に選ばないと盤面上詰む可能性がありますし、無辜の市民たちを欺くというプレッシャーにも勝たないといけません。

 

そこで今回は、野良部屋に潜っていて感じたこと、人狼を引いた時にどう立ち回ればいいのかを、経験が浅いながらも整理してみました。どこかの記事に書いてあることと被っていると思いますが、なるべく狼の視点に合わせて書いていきます。

*1:そらいろ株式会社より配信されているスマートフォンタブレット向け対戦型オンラインの人狼ゲーム(Wikipediaより引用)

*2:音楽ゲームの略。どうやら京音は音楽ゲームのサークルらしい

*3:スケープゴート人狼の代わりに吊られてしまう市民のこと

続きを読む

どんな層に勧めていいかわからないリズムゲーの話

皆様はじめまして、3回生になって初めてブログの筆をとった系の大学生こと、信濃と申します。

 

 

 

ゲーセンは週に一回程度、スマホ音ゲーは気が向いたらたまにやる程度のエンジョイ音ゲーマーです。

が、こんな人間でも楽しく音ゲーライフを送れるので、ちょっとでも音ゲー楽しいな、と思ったことのあるそこの君、

 

 

京音、入ろう!

 

 

 

さて、大胆なステマも済んだところで今回の記事なんですが、ためになる攻略の話も、最近の音ゲーの成果の話も私には出来ないということで、数日前にインストールしたとあるリズムゲーについて語ろうと思います。

 

その名も、

『A Dance of Fire and Ice』

通称ADOFAIです。実際使われてるかは知りませんが、アプリのところにそう表示されてるからそうなんです。

(↑この写真のキャラクターは、ゲーム本編には登場しません。)

 

このゲームの操作方法は至って単純、画面をタップするだけ!

 

お互いを中心に回転する二つのボールを、音楽にノって画面をタップしながら道を進めていくゲームになっています。

一般的な音ゲーによくある、フリック、スライドなどの混乱する要素を無くし、画面のどこをタップしても問題ないのでリズムゲームをやったことなくても安心!

 

 

 

さらに、逆回転や回転速度の変化などのギミックなども搭載され、ワンミス即終了(正確にはちょっと違うけど)の緊張感も相まって、ある程度音ゲーに慣れている人にとっても一筋縄ではいかない高難易度!

 

 

さらにさらに、Steamのワークショップからはオリジナル譜面の製作も可能!

 

 

ただ、他のよくある音ゲーと形式が違いすぎて、これから始めると他の音ゲーを難しく感じる(気がする)し、ある程度音ゲーに触れている人は逆に、リズムの取り方が非直感的で混乱する気がするんですよね。

(個人の感想です)

 

 

 

 

 

・・・なんだか、本編の書き方もステマみたいになってしまった気がする。

 

 

 

 

 

このゲームはスマホで遊べる他、Steamなどのプラットフォームでも配信されています。日頃の高難易度譜面の息抜きに、音ゲーを始めるとっかかりに、みなさんいかがでしょうか? 

 

 

 

【SDVX VI インペリアル到達】プラトー、或いは高度順応

初めまして!京音新入生で(🈁重要)4回生のMASAです。

この度、私は念願であったVF20.000-インペリアルに辿り着きました!!!!!!万歳!🎉🎉🎉

 

 

ということで先達に倣いインペリアル到達時のBEST50枠と戦略、そしてクリムゾンでの停滞について振り返ろうと思います。

「なんだこの自己満ブログ」とはならないように気をつけますが、ブログ初執筆なので至らない点は大目に見て頂ければ幸いです。

〜目次〜

軽く自己紹介

改めましてこんにちは!新入生のMASAという者です。

SDVXは高校2年の時から遊んでおり、大学入学後2年間は音ゲーから離れ、去年のValkyrie model稼働を機に本格復帰しました。メイン機種です。

他ゲーとして最も親しみ、私の音ゲー人生の端緒となったのがjubeatです。(500クレやったかやってないかぐらいだと思う) jubeat最近消えまくってて私は悲しい......ポロロン

その他は弐寺ポップン・チュウニ・オンゲキを一応触ったことがある程度です。

 

現在奈良に住んでいて、近所にゲーセンが2箇所あるので(←神)河ラにはあまり出現しません。レアポケモンです。(見つけたら是非是非お捕まえになって頂きたく)楽曲解禁奴隷、ゲットだぜ!!

 

BEST50枠と戦略

Vaddict様(https://vaddict.mono-logic.com/)より。BEST枠が綺麗に纏まって見える為、モチベーション維持に一役買ってくれました。コナミ税が必要ですが見合った価値はあるかなと。

(以下特に断りがなければクリアグレード:ハードを省略します)

内訳は

Lv.20: S1曲/ AAA+2曲/ AAA3曲

Lv.19: S26曲/ AAA+5曲

Lv.18: SUC13曲

で、VF19.25辺りの頃に目標として立てていた

19S 25~30曲/ 18UC 15~10曲・PUC0~1曲/ 20AAA+以上3曲・AAA3曲/ 残り19AAA+と20AAAノマゲ

にかなり近い形でゴールテープを切ることができました。(割とアバウト)

私はこれまで凡ゆる音ゲーで理論値・フルコンボを取った経験が殆どなく、どちらかというと高難度の曲で一定スコアを目指す方が得意だと感じていたのでこの構成に至りました。(因みに、18PUCを8曲取ってインペリアルになられた方もいるようです笑笑)

 

従来切り捨てられていた単曲VF小数第一位が計上されるようになった今作からは、18UCを多く取りBEST枠の下限を39.5~6に引き上げることが大筋として推奨されています。(但し18をUCしつつ995、998を量産することも結構難しいです。半分以上をUCで埋めようとすると、自然に埋まることはあまりなさそう)また、20AAAハードで39.6~39.9、19 987で39.0~39.1となるので、18UCが中々出せない方はこれらを取り入れていくと良いでしょう。

 

さて、ここで復習しておきましょう。VFを20.000にするということは対象曲の単曲VFの合計値を20.000にするということ、即ち対象曲の単曲VFの平均を40.0以上にするということです。下限を39.6乃至それに近づけたとして、必然ビハインドを抱えることになります。つまるところ、単曲40点以上をある程度出すことが絶対に必要になりますし、40点未満を多く抱えるほど残り少ない曲数でアドバンテージも稼いでいかないといけないというジレンマに陥ります。

実際41点・42点なんて簡単に出ないので(出てたらインペにはすぐなれます)そのような考えから、40点を量産できる地力を涵養する過程で出せる39.6を拾っていく、Lv20鳥プラ以上の探究を小まめにやるというスタンスを取ってきました19UC取れば良いじゃん?知らんな

 

あと小手先のテクニックの類なんですが、個人的に思うのは対象曲の下の方に余力を残しておくといいんじゃないかなと。というのも、VF19.900台になってから予め想定していた以上に気が逸ってしまったんですよね。この0.1って目標に1番近い0.1ではあるんですけど、同時に今まで重ねてきたどの0.1よりも質的に重い筈です。(下限が上がっていてVFが伸びにくい)特に、下限が18UCになっていると19Sを出しても伸びが0.01以下になってしまいます。

VFを上げようと焦って過度の粘着をして癖が付いてしまうことは避けたいですし、実際私自身VF19.9になって伸びが少し鈍化して焦りが生じていたのでこの作戦は割と当たったかなと思います。因みに、京音にはVF19.9台で半年以上止まってた方がいらっしゃるそうです😇

具体的には、クリムゾンIIIになるまで18UCを敢えて狙うことはせず(当時1曲)そこから10~15曲を目標に自然にUCできるものを集めていきました。また、インペリアル直前までPフリーを切ったことがなければここでBLACK or WHITE? [GRV] やBlack Emperor [GRV] 等序盤難の曲をPフリーで詰めるのも手だと思います。

 

クリムゾンの停滞は通行料

さて、本題です。直近2ヶ月でVFを約0.5伸ばし、目覚ましい成長(照)を遂げインペリアルになることができましたがその前の1年ほど、クリムゾンの前半の頃はVFが中々伸びず非常に苦労していました。

 

VFと経過日数を散布図にしてみました。(今作から起算)19.2~19.3の辺りでかなり横這いになっていますね、完全に横一線だった時期も……この時期が1番しんどかったです

先に結論から言うと、大なり小なりクリムゾンからの停滞は通行料に近しいものがあると思います。ある程度は仕方ないと割り切って欲しいんです。(他機種地力のある人は除きます)まず、その理論的な話を以下に述べます。

クリムゾンまでは18以下をメインにしてVFを上げていき、以降は19・又は18UC・PUCをメインにする訳ですが、現在Lv.17・18の曲数は各500曲程あるのに対し19・20は合わせて120曲程です。曲数から考えて単純計算しただけでもSが付くペースは1/5程度(実際はもっと下がります、19は18以上に多様な配置を高次元で纏めてこなすことを要求されるからです)になってしまいます。18UC・PUCを狙うにしてもこの2つはその譜面の全てと向き合うことが求められるので、曲数が多くてもやはりその難易度はSを出すことの比では有りません。

そして基本的にVFはVF<地力という関係に立つ為、クリムゾン初期は地力が不足しているが故VFが伸びず、地力が上がってきたとしてもVFに現れにくくなっています。(18UCが苦手だとより一層ここで止まって、19Sが苦手だとクリムゾン後半で止まりがちです)18と19、そしてUCの壁はやはり厚いです

 

稀にこんな覚醒スコアが出ることもありますが、こんなものでBEST50は埋まってくれません。(埋まってたらそれはもう立派な地力です)こつこつと地力を上げていきましょう。

 

ただ、理屈のみを示されても停滞してる時のモヤモヤは消えてくれないと思うので、停滞を抜けるタイミングの一例を挙げます。(以下若干生存者バイアスがあるかも)

雑なイメージ図&言葉遊びに終始している感もありますがご容赦を。19Sのことしかわからないんですが18UCっていきなりいっぱい増えるものなんですかね?

私が大きく停滞していた時は19S数が0〜5個でした。表の通り、最初の方は地力が足りず19の中で特に簡単(月光重・グロメモ重・エレクリ・逆月)・特に得意(実際に存在はしなさそう)・簡単かつ得意(ゴッドハート)な数曲しかSを取ることができませんでした。これは単純に19の曲の少なさにも由来します。19Sが出る間隔としてはここらへんが1番長かったですね。曲の難易度だけでなく個々人の得意不得意も関わってくるため、初めの方はSが出しにくい筈です。

しかし、この段階を抜けると急に幾つか19Sが取れ出すと思います。ここの地力上昇幅に位置する曲の方が先の曲の数より多いからです。(18Sが取れ出した頃を想起して下さい)私はこの流れに乗って19Sを20曲出しました。これは停滞が長くなっていて地力とVFの乖離が大きくなっていた、伸び期の間にも地力を上げられていたことが原因だと推量しています。私の一例ではありますが、しっかりと地力が伸びていれば停滞した分VFはしっかりハネてくれます。ここを楽しみに地力上げをこつこつやっていきましょう!

 

停滞期との向き合い方──ボルテを楽しもう

無論、停滞期を抜けるにはVFには現れずとも地力を向上させる必要があります。当時のモチベーション維持方法や意識していたこと...の前に、一度頭を空っぽにしましょう。

 

まず何よりも、ボルテを楽しんでください!!これが上達への1番の原動力です。

これは自然とゲーセンに通う頻度が増える、集中して1つ1つのノーツと向き合いやすくなる等、楽しむことが上達への習慣に全てが繋がってくるからです。振り返ってみるとここは本当に大きかったです。夢中でやってる人間の方が必死にやってる人間より強いですし、やっぱりボルテ上手い人ってみんなボルテが大好きなんだなあと最近よく実感しています。辛くなって来たら楽しむこと、このゲームは鍵盤とつまみを操作するだけで楽しいんだということを思い出してみてください。クリムゾンまで来た人ならみんなボルテが大好きだと思います。好きこそ物の上手なれ。

 

また、モチベーションが下がってしまった時は気ままに低難度(16・17)辺りの譜面を埋めるようにしました。これは上達のためというより、曲に浸ってとにかく楽しむことだけを考えてプレイしていました。それに加えて課題曲を友人等に募り、知らない曲・譜面を積極的にやりました。

 

そして、当時私が上達の為に意識していたことは、①頻度を落としすぎない②18S・995埋め③19を広く触っておくこと でした。

①については金銭・自由時間・ゲーセン事情の都合もあって人によっては1番厳しいところかもしれませんが、クレ数はある意味絶対的な正義です。やっぱり放置して地力が上がることはないので...そんな貴方に自宅で無料でできるK-Shoot MANIAというものがあってですね

②についてはみんなやるとは思うんですが、私は自分は何ができていないのか・Sに載せるためには何ができれば良いのか・どうすればできるようになるのかを意識しながらやっていました。このうち、1stステップである「何ができていないのか」を把握するためにもハードゲージを積極的に使っていきましょう。ノマゲでは見えてこなかったエラーが見えてくる筈です。(でも上手いな、ってリザが出たら素直に「うめえ〜!」って喜びましょう

③について私は19の速度・密度に慣れておく・体力作り(ひ弱な女の子なので)の観点から取り組んでいました。前者については19が上手くなるには18だけを触っていても効果が薄いのではないかという考えから、後者については私が復帰勢だったこともあり体力の劣化が激しかったため半ば筋トレとしてやっていました。

 

その他成長と睡眠のメカニズムを学んだりしていましたが詳しくは割愛。

今後に向けた意気込み

実はまだ666[MXM]をクリアしてなかったり、MixxoN出来なさすぎて後光暴龍天取れてなかったりするのでとりあえずそいつらをしばきたいところです。

長期目標としてはやはり旧インペリアルライン到達(VF約20.2)と低難度のPUC埋めでしょうか。V換算だとVFがまだ19.76しかないの軽くホラーなんだよな......。また、PUCを出す決定力を全然磨けていないので取り敢えず16からPUC埋めに取り組んでいこうと思います!

 

最後に

長々と悪筆を重ねましたが、読んで頂きありがとうございました。ついでに作者のTwitterをフォローしてくれると作者が喜びます。

最後に私が大好きな曲とその口上を残して筆を置こうと思います。何をやっても上手くいかなかったり、拭い去れない閉塞感に苛まれてしまった時にきっと貴方の背中を押してくれる筈です。

 

「…泣かないで… 

君は負け犬なんかじゃない!

逆境や困難は君の最愛のフレンズだっ!!」

ー"熱闘ネメシス王位争奪戦覇者" ビッグバン・マキシマー

 

 

 

 

 

お絵描き ここなつ誕2022編


倉野川からこんにちは、二条せらふ(@seraph_2)です。
普段はまり花ちゃんをすこりながらポップンをしています。

記事カテゴリーが「音ゲー」と「音ゲー以外」に分かれたらしいです。
とりあえず両方に1つずつ書くことにします。

音ゲー」記事はこちら。

keionkakimasen.hatenadiary.com

前回の音ゲー以外の記事はこちら。

keionkakimasen.hatenadiary.com

しっかりリベンジ帰倉キメてゴールド賞ゲットしました。

 

 

さて。

 

 

おととい6月12日に、くらよしオンライン~ここなつ誕2022~がありました*1

www.youtube.com

みんな大好きなここなつの誕生日記念ということでとってもとっても盛り上がりをみせましたね。*2

特にラストで新市長*3が親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは、涙なしには見られなかったです*4

感動のラストシーン

*1:この記事は開催前に書いています

*2:この記事は開催前に書いています!

*3:4月から新しく就任されました

*4:この記事は開催前に書いています!!

続きを読む

BEMANI楽曲私的ベスト3×12選

倉野川からこんにちは、二条せらふ(@seraph_2)です。
普段はまり花ちゃんをすこりながらポップンをしています。

記事カテゴリーが「音ゲー」と「音ゲー以外」に分かれたらしいです。
とりあえず両方に1つずつ書くことにします。

音ゲー以外」の記事はこちら。

keionkakimasen.hatenadiary.com

前回の音ゲー記事はこちら。

keionkakimasen.hatenadiary.com

10kaiさん、TATSUさん優勝おめでとうございます。

 

さて。

 

おととい6月12日に、BEMANI SYMPHONY Concert 2022がありました*1

みんな大好きなあの曲やあの曲が壮大なオーケストラの生演奏になって最高に聴きごたえ抜群でしたね*2

特にラストでdj TAKAが親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは、涙なしには見られなかったです*3

感動のラストシーン

*1:この記事は開催前に書いています

*2:この記事は開催前に書いています!

*3:この記事は開催前に書いています!!

続きを読む

Ouchi_IR グルミク部門の講評・見解

 

う~はっぴ~あらうんど~!(FREEDOM DiVE↓)

 おはよう!元気でいるかしら?今回Ouchi_IRでグルミク部門の課題曲選定を担当した京音3回のものりだ。趣味で執行代(渉外)もやっている。今回はグルミク部門の各曲選定上の理由と講評を公表(ここ激ウマギャグ)するので、特に参加した人は最後まで読んで欲しい。

続きを読む

憩室炎で入院したときの話

こんばんは、とぅーげんです。

 

段々と夏本番が近づいてきて過ごしにくくなってきておりますがみなさん元気ですか?生活習慣ぶっ壊してませんか?不健康極めすぎると入院する羽目になってしまうので気をつけましょう。

 

はい。ということでこの記事は僕が少し前に「大腸憩室炎」という病気で入院してた時の日記的なヤツです。

 

僕が入院してたとき同じ病気の人のブログ記事を探し回ってたんですがあんまり多くヒットしなかったので、今後僕と同じような人間が現れた時に情報源の一つになれば嬉しいなと思って書きました。

かなり雑になってしまったので適当に見てください。

 

  • 発症
  • 入院生活
  • 退院後

 

 

続きを読む